FC2ブログ

「気功フォーラム」

■welcome to『気功フォーラム』~ニーハオ!~

kumo


『気功とは』:中国古来の健康法で、動きと呼吸により体の中の『気』を調整し、心身の安定・調和を図り、病気を予防します。

 ■気功の『気』の字は『呼吸』の意味を含み,『功』の字は『練る、調整する』ことを意味します。(呼吸を意識的に鍛錬・調整をすること)

 ■『気』というのは、「元気の気」、「やる気の気」、「生気の気」、「空気の気」、「天気の気」、つまり「気」というのは生命活動のエネルギーのことであり、生きていく上で、欠かせないものです。

■『気』の分類:

①『先天の気』・・・人が生まれる時に、すでに備わっている体内にある「気」

②『後天の気』・・・体の外にあって、私達が呼吸や飲食物をとることによって体内に取り入れる「気」

・自分の意識によって「気」を引き出し、経絡(気の通り道)に沿って「気」を滞りなく 体内に運行させることで、五臓六腑を活性化させ健康体を維持しようというものです。

●気功の3要素:

★『調身』・・・体の力を抜いて、正しい自然な姿勢をとる
★『調息』・・・深い呼吸を心がける(軽く吐いてから吸って、細く、長く吐きます)
★『調心』・・・雑念を払って、無念無想になる

●気功がもたらす効果:
1。免疫力を高め、抵抗力を増す:
根源エネルギーである「気」を養うことにより免疫力を高め、病気を予防したり、治癒させることが出来ます。

2。リラックスでストレス解消:
自律神経(交感神経&副交感神経)のうち副交感神経の働きを促進し、緊張を緩める作用があります。つまり外部からの刺激に緩やかに反応出来るようになり、その結果、大脳皮質から送られる体へのストレス反応は緩み、病気を回復させたり、体調を整える働きをします 。

3。経絡(気の通り道)の通りを良くして、気血を調和させます:
「気」の通りがよくなった血管は拡張し血液の循環も良くなり、特に抹消の血流量が増加して滞っていた血液が手足の末端にまで通うようになります。

*『経絡』:中国医学では、「経絡」を気の通路といっています。経絡の「経」は上下に走行する縦の経路を意味し、「絡」は「経」と「経」を結ぶ横の経路を意味します。経絡は臓腑はもとより、全身の組織にくまなく分布しています。通常は正経12経脈に、任脈と督脈を加えて、14経と呼び、基本の経絡としています。又鍼灸治療に使われている経穴(ツボ)は経絡上に約360分布しているといわれています。

4。大脳皮質の興奮を和らげ、五臓の働きをよくする:
気功鍛錬中の脳波にはアルファー波が現れ、この作用で、大脳の抑制状態が保たれるため、過度の興奮で おこる大脳皮質の乱れを修復させ、興奮を和らげ、中枢神経を休息状態にみちびきます。同時に内臓の働きを促進します。

5。自律神経や中枢神経のバランスを良くする:
交感神経と副交感神経のバランスを保ち、その結果全身の筋肉、関節がリラックスします。

6。基礎代謝を低下させて、エネルギーを蓄える:
心の安静、静かで深い呼吸、体の弛緩を習得させるものですので、基礎代謝量を低下させ、エネルギーの無駄使いを省いて蓄積をはかります。

7。消化能力をアップする:
だ液や胃液の分泌量が増え、同時に腹部の温度が上がるにつれ胃腸の血液循環がよくなり消化、吸収機能を促進します。新陳代謝がよくなるため、太らずに自然に体力がついてきます 。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●腹式呼吸について:(呼吸を意識することから始めましょう)
・腹式呼吸(横隔膜呼吸とも呼ばれています。)とは:
腹式呼吸は、鼻から息を吸い込む時、お腹を膨らませ、鼻(又は口)から息を 吐く時にお腹をへこませます。”吸う息”が4に対して”吐く息”が6の割合で行い、吐く時は細く長く吐き出します。《横隔膜を上下運動させることにより内臓を マッサージする呼吸法です。》

・胸式呼吸と腹式呼吸の違い:
胸式呼吸~交換神経の働きを高めます~緊張・興奮が高まります(上がった状態)
腹式呼吸~副交感神経の働きを高めます~調節力を高め ます(行動する前の準備状態をつくる) ~この結果『集中』できる状態になります

●腹式呼吸のお薦め
ストレス社会に日々生活する我々にとって、手軽に、自分一人で、リラックスした状態で出来る健康法『腹式呼吸』をお薦め致します.是非一度、お試しになってその素晴らしさを体感してみてください.

●腹式呼吸のやり方:

①目を閉じて、身体の力を抜き、リラックスします。ゆったりとした気持ちで両手を重ねて、丹田(お臍の真下)におきます

②先ず、口からゆっくり息を全部吐き出します。

③鼻からゆっくり息を吸いながらお腹を徐々に膨らませていきます。いっぱいまで吸い込み、
 両手でお腹が膨らむのを感じます(横隔膜の下降)

④膨らんだお腹を自然に緩めて元に戻すように、口をすぼめて細く長く息を吐いていきます(横隔膜の上昇)

 ★①~④の動作を1回として10回ほど繰り返します.
 
(主な留意点)
・朝晩2回、一度に10回~15回を、無理無く、自分のペースでやってみて下さい 。
・お腹は吸気と共に意識的に膨らませ、呼気と共にへこませます。吐く時は口を少し丸め、細く、長く吐くようにします。
・体の力を抜いて、リラックスした状態で行うようにします。
・空腹時と満腹時は控えるようにして下さい。


●腹式呼吸の主な効果:
①横隔膜の上下運動により、腹腔の内圧がアップし、胃腸・肝臓など内臓が刺激(マッサージ)を受け、血行がよくなって、その働きが促進されます。

②自律神経のバランスを調節します:副交感神経が優位に働き、精神の緊張がほぐれリラックスした状態になります(ストレスから開放されます)。

③腹筋が鍛えられるので、お腹の贅肉が取れ、腰痛予防にも役立ちます。

④停滞していた静脈の血液の流れもよくなり、冷え性にも効果的です。

⑤大腸の働きを活発にし、便秘を改善します。

*肩こりや冷え性のもとは血行不良にあります(血行不良の原因の一つは自律神経のアンバランスから生じるとされています)。

("巣鴨菊祭り”にて)                                        
kiku竭「(2018_11_11)_convert_20181112182350
目次(もくじ)
FC2カウンター
お問い合わせ(お気軽に!)

名前:
メール:
件名:
本文:

只今の時間
エレガント時計
カレンダー
これは便利だ!
プロフィール

tyazawa

Author:tyazawa
『講師の部屋』へどうぞ!

最新コメント《伝言》
最新トラックバック
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード