FC2ブログ

「簡化24式、稽古のポイント」

nanohana1.jpg
『簡化24式太極拳・稽古のポイント』

●予備勢「十字手」:頭の上で両手を組んで防ぐ防御の型。(呼吸を整える)
稽古のポイント:つま先を開かないで、平行にする。

1.「起勢」:始めの姿勢。
「気沈丹田」(気を丹田に収め呼吸を整えます)
・要求:体の前側の膝、足の爪先、体の後側の背中、臀部、踵は地面と垂直に一直線。
 膝はつま先より前に出さないように気をつける。
   *肘と膝を緩め息を吐きながら手を胸の高さへ同時に腰も落す。
   《攻防技》:両手で相手の手をつかみ下に引き下ろす

2.「野馬分髪」:野馬の立て髪をかき分ける。
《①弓歩 ②「中正円転」(腰を中心に回転)~股関節の向きが変わる。体幹ごと回す
 ③「三尖相照」(手足目が同方向を向く)》
   ・要求:両手、指をゆるやかに伸ばし、肩、肘を沈めてリラックスさせて腕をおくる。
  ・ポイント: 顎を引き締め、頭をまっすぐ、精神を充実させ息を吐きながら下に沈む。
  *ボール:上の手はあごの下、下の手は丹田(両手の"労宮”を上下向かい合わせる)
   《攻防技》:片方の手は相手の手首をつかみ下に引き込み、もう片方の手で相手の
       脇の下に伸ばし、体の後ろに一歩進んで腰を回し、両手を左右に開く力で倒す

3.「白鶴亮翅」:白鶴が羽を広げる。

沈肩垂肘(肩を沈め、肘を垂らす
*首から肩の力を抜き、腕の重さで肘を垂らす       
   ・ポイント:右足重心 動作中、腰の高さ変えないこと。
《攻防技》:相手が攻撃してくる手を上下に向けて分け開く動作

4.「楼膝拗歩」:膝を払いながら歩みを進める。

  《①弓歩 ②中正円転(腰を中心に回転)》
   ・要求:手を前に推し出す動作、下を払う動作と重心を前に移す動作は同時に完成させる。
   ・ポイント:下の手は相手の膝を払うようにするが、
払う手は体の中心を越えないようにする。上の手は耳の横から前方に押し出す。
左から右へのつなぎでは目線は右手を見る。
《攻防技》:相手の膝蹴りを攻撃を手で払いながらもう片方の手で相手の胸を突く

5.「手揮琵琶」:手で琵琶をかかえる。  
     
  ・要求:頭はまっすぐにして息を吐きつつ下に沈み、腰、股関節を弛めて沈着で穏やかな
   気勢を充分に表わす。
   ・ポイント:股関節を緩めてガリ股になる。 
   《攻防技》:右手で相手の手首を取り、左手で相手の肘を取り、両手で内合させる力を用い、
反関節の手法を用いて相手を制する。

6.「倒捲肱」:腕を逆さにまく。
  
  ・要求:手首を落とし、掌、指は伸びやかにして勁力の変化をはっきり表わす。
  ・ポイント:バランスよく重心を移動する。立ち上がらない。 目線注意。
        上げた足は一直線上(真後ろ)につま先から降ろす
   《攻防技》:右手で相手の手首をとり、左手で相手の肱をとり両手で内合させる力を用い、反関節の手法を
用いて相手を制する。

ong>7.「左攬雀尾」:両手で孔雀の尾形を作って防ぐ。腰が動きの中心になる。

「上下相随」(上半身と下半身を関連させながらバランスよく動く)》
 (宝玉を抱いて円相を示して左を制し。) 股関節の動きをやわかにして、
②「「平目平視」」を保つ。身体が前かがみにならないように注意する。
*前身は上肢が、後退は下肢が先導する。
*左右交互に重心の移動を行う
《攻防技》:攬雀尾は4つの動作によって全体がまとめられている。掤、捋、擠、按。
   ・掤:手或いは腕で相手を受け止め、その前進を阻み、相手の動きを聴いて動く。
   ・捋:相手が前進して攻撃してくる勢いに順じて後ろに引き込んで相手を崩す。
         (相手の力を利用する)  
・擠:両腕を相手に近づけ、相手が後ろに引いて勢いが抜けるのに乗じて前に
推し進める。
・按:両手は先ず相手の力に順じて相手を引き入れ、その力を無くし、
機に乗じて相手を推し出す。


8.「右攬雀尾」:孔雀の尾形を作って防ぐ。

 ①「上下相随」(上半身と下半身を関連させながらバランスよく動く)》
 左から右へのつなぎで、目線に注意。 下を見ない前方を見る。 立ち上がらない。
《攻防技》両手で相手の手を引っ張り,押す
        
9.「単 鞭」:単衣(ひとえ)むち。(1回目)(後方を鶴首で打撃して前方を攻め)

    手首を沈めて推し出す時、力は掌のつけ根に置き同時に肘はやや曲げて下に向ける。
    左手指先と鼻が前後相対し、左肘と左膝を上下相対させる。
    左手を翻して前に押し出しながら、右腕もやや後ろに開く感じで両腕の間は
    約120度。右肩はあがらないように注意してリラックスさせる。
・ポイント:右手は右足の上  左手は左足の上 右手の鈎手。
《攻防技》:右手で相手の手をつかみ左手で相手を押す

10.「雲 手」:雲のように手を動かす。

   ①「上下相随」(上半身と下半身を関連させながらバランスよく動く)》

・ポイント:雲の上の境地に 手足腰の連動。左横へ3回移動。指先が目線の位置。
腰が立ち上がらないように 手足目線歩幅に注意。
指先が目線の位置。 *目が先行し,横に来た時手が追いつく。
   《攻防技》:前腕で左右、相手の攻撃をさえぎる、防ぎ守る守備の技。

11.「単鞭」: 9番の「単鞭」と同じ


12.「高探馬」:高所から相手の陣地を探る。

    ①「尾閭(びりょ)中正」(尾てい骨の位置を正しくすることで背筋が伸びる)》
      要求:左手を引き寄せてくる時も肩をリラックスして沈め、肘を腰の横まで寄せる。
      左手を腹の前に引き寄せ、相手の攻撃を遅らせる。左手は腰の横までは来ない。
    ・ポイント:右腕を前に出す時に、腰が左に回さないように注意する。
    《攻防技》:左手で相手の手を後方に引き込んで、右手は相手の顔を攻撃する。

13.「右蹬脚」:右足のかかと蹴り 

  《①「含胸抜背」(状態をまっすぐにし、胸をゆったり)、②「平目平視」》
   ・ポイント:膝を伸ばすイメージでかかとを出す。
         腕を前後に開く時に、両手の小指(腕の尺骨)を軸に翻す。
     《攻防技》:両手で相手の手を降り払い、足で相手を蹴る

14.「双峰貫耳」:相手の両耳を攻める。

《①「「三尖相照」」(手・足・鼻の向きをそろえる)
②「「上下相随」」(上肢と下肢は連続性を持って腰を軸に動く)》
 ・ポイント:両拳の人差し指の第二関節で両耳を攻める。
《攻防技》:相手の耳(米カミ)を攻める

15.「転身左蹬脚」:転身して左脚を踏み出す形。 (転身してはまた蹴って。)

①「平目平視
    ・ポイント:左足のかかとで蹴る。 膝を伸ばす。
    腕を前後に開く時に、両手の小指(腕の尺骨)を軸に翻す。
《攻防技》:両手で相手の手を払い、足で相手を蹴る

16.「左下勢独立」:左足の片足立ち

    左足を出すとき、一本線の上に軸足(右)が、線の下に左足がくるように出す。
独立の足は外に30度開く。手は指先が鼻の高さ。
    股関節の柔らかさに合わせて低い姿勢になる。腰にぶら下がって足が前に出る。
   《攻防技》:手で相手を払い膝をぶつけて攻撃する。相手の手を取り急所を攻撃。
         膝で相手の鳩尾(みぞおち)を蹴りあげる

17.「右下勢独立」:右足の片足立ち

   《攻防技》:片方の手で相手の手を取りこう片方の手で取り急所を攻撃

18.「左右穿梭」:機織の姿勢

    ①「中正円転」(腰を中心に回転する)
    手を額の上に上げる時は、肘を張り過ぎないようにする
    額の手も身体の中心を超えてはいけない。
   《攻防技》:一方の手で相手の手をつかみ、もう一方の手で相手の胸を打つ
 
19.「海底針」:海底の針(武器)を拾う

   《攻防技》:片方の手で相手の股間を攻撃する

20.「閃通臂」:肩で受け流す 
  
   「閃」は相手のせめをかわす、「通」は両肩が同一線上に通っている、
「臂」は型という意味です。

*重心は、左足に6分、右足に4分
*お臍と右膝小僧の向きは、進行方向に対し90度の位置に向ける
   《攻防技》:右手で青手の手を引っぱり、もう片方の手で相手の胸を打つ

・定式:弓歩推撑です。
   右手で相手の手を後に引き、左手で脇部を前に推す。
   推し出した左掌は左足と上下相対させる。
   ・ポイント
    前に押し出す左手は、肩の高さより上に上がりすぎないように気をつけましょう。
    肩と同じ程度の高さにする。
    肘をやや曲げ、掌を立てているため、手首あたりと肩が同じ高さになり、
指先が鼻ぐらいの高さになる。
  肘はまっすぐ伸ばさず、ゆるめ気味にするのもポイント。

21.「転身搬攔捶」:転身して右賢で打つ

   「搬」は運ぶ、「攔」は拳で相手を攻撃する
   ・ポイント:右腕は伸ばしきらないように、背筋は伸ばし、前傾姿勢にならないように
   《攻防技》:振り返り裏拳で相手を打つ。左手で相手の攻撃を受け止め、右手で打つ

22.「如封似閉」:敵を封じる姿勢で相手を押し出す技

   ・ポイント:肘は伸ばしきらないようにし、体を引く時はそらないように、
背筋をのびやかに
《攻防技》:相手の手を閉めて封じて両手で押す
   

23.「十字手」:両手組んで相手の攻撃を防ぐ(防御の型)
《攻防技》:相手のけり足を十字を組んで受け、両手で押して相手をのけぞら下押す

24.「収 勢」:収めの型(舞を収めて禅定にかえる。~呼吸を整える)

自然立ちで、親指同士を突き合わせ右手が下、左手上重ね合わせます。    

("巣鴨菊祭り”にて)
kiku竭ゥ(2018_11_11)_convert_20181110130129
目次(もくじ)
FC2カウンター
お問い合わせ(お気軽に!)

名前:
メール:
件名:
本文:

只今の時間
エレガント時計
カレンダー
これは便利だ!
プロフィール

tyazawa

Author:tyazawa
『講師の部屋』へどうぞ!

最新コメント《伝言》
最新トラックバック
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード