FC2ブログ

「準備動作」

「~心の準備~」

●立禅(心静かに禅の境地を求めます~無念無想になり、自然と一体になります。)

〈両足を肩幅に開いて、 膝を少し曲げ、背筋を伸ばして、顎をひき、眼は半眼か軽く閉じ、両手は力を抜いて軽く両 大腿部につけます 。呼吸は深長腹式呼吸で、吸う時に意識的にお腹を膨らませて、吐く時にお腹をへこませます。頭の中に雄大な自然の景色をイメージして立禅に入ります。*稽古の前後に3~5分行います。 〉
*お寺で座禅を組む際も同じように”腹式呼吸”を使って行います。
*立ったまま腹式呼吸を行う場合:”逆腹式呼吸”の方がやりやすいと思われますがどちらでもやりやすい方でやってみてください
              
★心を静め、気の流れを良くし調整します。
足の裏の足心から大地の「気」を、頭心にある『百会』のつぼから天の『気』を吸収し、『丹田』に集め, 経絡を通して身体全体に流していきます。

          ritsuzen3.jpg
 

★ご参考:『座禅』~皆さんがお寺などで組む座禅は「腹式呼吸」で行うものですが、この呼吸法により心身(気分)がすっきりします。『座禅で気分がすっきりするのは、座禅を組みながら腹式呼吸を行うことによって、大脳脳幹にあるセロトニン神経が活性化され,脳を元気にする“セロトニン”というホルモンが出るから』だそうです。(座禅時間30分)

「~身体の準備~」

●スワイショウ
体のバランスを整え、準備する動き。

〈膝を少し曲げて、両足を肩幅に開いて、両手は下げたまま全身の力を抜いた状態で、腰の回転と同時に両手を左右に 放り投げるように回します 腰の回転と共に首も回転させます。呼吸は右で吸って左で吐きます 。膝は左で前方に曲げて右で伸ばすようにし、膝への負担を軽減します。目は指先を追いかけるようにします.左右を一回とし30~50回行い、動きを止める時は徐々に止めようにします〉
*動作に合わせ,左右の脚の間に重心の移動がおきます(身体の中心軸で回転する場合膝に負担がかかってしまいます)

★肩こりの予防、内臓の働きを活発にし、血流を促進します。また背骨を矯正します。

・⇒⇒
スワイショウ



「~身体をほぐす動作~」

●前後のスワイショウ

〈膝を少し緩めて、両足を肩幅に開いて肩・腕の力を抜きます。ゆったりとした気持ちで腕を前後に振ります(腕の振り幅は腰の高さ)。自然な振り子運動により体全体に気の流れが良くな
り、体の各部がほぐされます。〉
     
★できれば3分~5分程度を朝晩各一回やってみると体全体が活性化されるのを実感できと思います。特に肩こりの方や便秘がちな方には良いと思われます。

・⇒
前後のスワイショウ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

("巣鴨菊祭り”にて)
kiku竭ヲ(2018_11_11)_convert_20181110125727

コメントの投稿

非公開コメント

目次(もくじ)
FC2カウンター
お問い合わせ(お気軽に!)

名前:
メール:
件名:
本文:

只今の時間
エレガント時計
カレンダー
これは便利だ!
プロフィール

tyazawa

Author:tyazawa
『講師の部屋』へどうぞ!

最新コメント《伝言》
最新トラックバック
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード